メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「辺境メシ」に挑むワケ ノンフィクション作家・高野秀行さんに聞く

=東京都千代田区で、宮本明登撮影

子供の頃から胃弱/ゴリラ食べ偏食克服/夫婦げんか機に料理開眼

 いわゆるゲテモノ、奇妙なものを好んで食べる人がいる。世界の端っこ、辺境を愛するノンフィクション作家、高野秀行さん(52)はここ数年、「ヒキガエルのジュース」から「羊のゲロ料理」まで、食でも「辺境」に挑んでいる。胃腸が弱いのに、なぜ、何を探して……。【藤原章生】

 10月に新刊「辺境メシ」(文芸春秋社)を出した高野さんに話を聞くと、実は子供のころからわりと好き嫌…

この記事は有料記事です。

残り2919文字(全文3130文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 「学びに年齢は関係ない」62歳男性が経済学部代表 京大卒業式 4月からは大学院生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです