メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 田中佐太郎さん 次代に伝える使命

田中佐太郎さん=小玉祥子撮影

 ■鼓に生きる 田中佐太郎(たなか・さたろう)さん 淡交社・2700円

 夫は能楽師葛野(かどの)流大鼓方の亀井忠雄さん、長男は同流大鼓方十五世家元・亀井広忠さん、次男は歌舞伎囃子(ばやし)田中流十三世家元・田中傳左衛門さん、三男は同流・田中傳次郎さん。自身も田中流の演奏家として活動する佐太郎さんの稀有(けう)な半生の聞き書きである。

 江戸中期から続く、田中流の十一世家元・田中傳左衛門を父とし、5人きょうだいの三女に生まれた。だが兄姉たちには流儀を継ぐ意思がなかった。「お父さん子で、とにかく父のそばにいたかった。他の子が逃げていく中で私だけが残り、稽古(けいこ)をする機会が多くなったということです」

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです