メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
演劇

この1年 出色の作品 節目演出

高麗屋三代襲名。1月歌舞伎座「口上」より。(左から)市川染五郎、松本幸四郎、松本白鸚

 今年の歌舞伎界最大の話題は二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の高麗屋三代襲名披露であろう。

 1、2月の東京・歌舞伎座を皮切りに、こけら落としの名古屋・御園座、福岡・博多座、大阪・松竹座と各地の大劇場で白鸚が「寺子屋」の松王丸、「忠臣蔵七段目」の由良之助、幸四郎が「一條大蔵譚」の大蔵卿などの大役をつとめた。本年の襲名の締めくくりは、こちらもこけら落としの11月の京都・南座。「勧進帳」は三代の共演となった。白鸚の富樫、染五郎の義経を相手に弁慶の幸四郎が、演じられることのまれな「滝流し」も入れ、立ち役としての充実ぶりを印象付けた。

 優れた舞台には仁左衛門の太平次、大学之助の「絵本合法衢(がっぽうがつじ)」(4月東京・歌舞伎座)▽…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです