メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

この1年 出色の作品 節目演出

高麗屋三代襲名。1月歌舞伎座「口上」より。(左から)市川染五郎、松本幸四郎、松本白鸚

[PR]

 今年の歌舞伎界最大の話題は二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の高麗屋三代襲名披露であろう。

     1、2月の東京・歌舞伎座を皮切りに、こけら落としの名古屋・御園座、福岡・博多座、大阪・松竹座と各地の大劇場で白鸚が「寺子屋」の松王丸、「忠臣蔵七段目」の由良之助、幸四郎が「一條大蔵譚」の大蔵卿などの大役をつとめた。本年の襲名の締めくくりは、こちらもこけら落としの11月の京都・南座。「勧進帳」は三代の共演となった。白鸚の富樫、染五郎の義経を相手に弁慶の幸四郎が、演じられることのまれな「滝流し」も入れ、立ち役としての充実ぶりを印象付けた。

     優れた舞台には仁左衛門の太平次、大学之助の「絵本合法衢(がっぽうがつじ)」(4月東京・歌舞伎座)▽菊五郎の弁天小僧の「白浪五人男」(5月同)▽吉右衛門の団七の「夏祭浪花鑑」、時蔵のお三輪の「三笠山御殿」(6月同)▽児太郎の雪姫の「金閣寺」、吉右衛門の「俊寛」(9月同)が挙げられる。

     新作、原典の改作には「切られの与三」(5月東京・シアターコクーン)、「NARUTO-ナルト-」(8月東京・新橋演舞場)、「出世太閤記」(7月歌舞伎座)などがあった。9月歌舞伎座の「金閣寺」で療養中であった福助が舞台復帰を果たしたのも明るい話題で、仁左衛門が文化功労者に選ばれた。

     文楽では人形遣いの吉田幸助が五代目吉田玉助を襲名。披露公演で「本朝廿四孝 勘助住家」の横蔵後に山本勘助を遣った。文化勲章受章者で、60年以上にわたり太夫として活躍した竹本住太夫、三味線方の人間国宝、鶴澤寛治が亡くなった。

     東宝系の舞台ではミュージカル「ファン・ホーム ある家族の悲喜劇」(2月東京・シアタークリエ)、藤山直美の復帰作の「おもろい女」(10月同)が優れていた。

     また、能楽囃子(はやし)笛方藤田流十一世宗家の藤田六郎兵衛、日本舞踊家で文化功労者の花柳寿南海(としなみ)が亡くなった。【小玉祥子】

      ■   ■

     平成が最後に近づき、演劇界も節目を強く意識させられた。

     劇団四季の創立者で演出家、浅利慶太が7月に85歳で死去。最後の「ミュージカル李香蘭」で「昭和という悲劇の歴史を忘れるな」という強いメッセージを届けた。

     49年の歴史を刻んだ青年座劇場(東京都渋谷区)が3月、劇場としての役割をいったん終えた。

     そんななか主軸を担いつつあるのが1970年代生まれの演劇人だろう。社会に閉塞(へいそく)感が広がるなか、気概のある作品を送り出した。

    「遺産」の一場面=カメラマン、池村隆司撮影

     新作では、古川健が戦中の人体実験を題材にした「ドキュメンタリー」「遺産」(劇団チョコレートケーキ)、中津留章仁「分岐点」(青年劇場)、瀬戸山美咲「わたし、と戦争」(流山児★事務所)、シライケイタ「THE DARK CITY」(温泉ドラゴン)などが印象的だった。再演が充実していたのも収穫だ。岩井秀人「て」「夫婦」(ハイバイ)、蓬莱竜太の「死ンデ、イル。」など「句読点三部作」(モダンスイマーズ)が揺さぶった。消費財ではなく、「持続可能性」を探る試みは重要だ。

     長田育恵は「豊饒の海」(パルコ)脚本が際だった。

     翻訳物も時代への示唆に富んでいた。パルコ「TERROR」(フェルディナント・フォン・シーラッハ作、森新太郎演出)、原発事故を扱った同「チルドレン」(ルーシー・カークウッド作、栗山民也演出)。「歴史の声を確認することが演劇の使命」と語る栗山は、「アンチゴーヌ」(ジャン・アヌイ作)でも高い成果を上げた。

     ベテランの劇作家も重い問いを投げた。政権と報道の関係に斬り込んだ永井愛作・演出「ザ・空気2」(二兎社)、朝鮮人BC級戦犯を描いた鄭義信作・演出「赤道の下のマクベス」(東京・新国立劇場)は深い余韻。

     ほかに民芸「神と人とのあいだ」(木下順二作)2部作連続上演に見応えがあった。

     別役実は「ああ、それなのに、それなのに」(名取事務所)で144作目に。新国立劇場の演劇芸術監督に小川絵梨子が就任した。

     6月に俳優座の加藤剛、8月に劇作家のニール・サイモンがこの世を去った。【濱田元子】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

    2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

    3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

    4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

    5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです