メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1990年代は、時代劇冬の時代。松竹の京都映画に入った馬場正男だったが、撮影所も様変わり。チャンバラはとうに観客に飽きられたし製作費もかかるから、時代劇映画はほとんど作られなくなっていた。辛うじて、テレビの定番シリーズ時代劇がまだ健在で、京都映画もこちらが主戦場だった。しかしテレビは“撮って出し”。映画のように時間とお金はかけられず、当然美術費も圧縮される。少ない予算のやりくりに、頭を使う。

 「局によって予算はまちまち。でも、おおむね映画の半分以下。それではまともなセットは組んでられへん。短いドラマだと数十万円なんてこともあった。何にもできん」。しかしそこを何とかするのが馬場の腕だ。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです