メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1990年代は、時代劇冬の時代。松竹の京都映画に入った馬場正男だったが、撮影所も様変わり。チャンバラはとうに観客に飽きられたし製作費もかかるから、時代劇映画はほとんど作られなくなっていた。辛うじて、テレビの定番シリーズ時代劇がまだ健在で、京都映画もこちらが主戦場だった。しかしテレビは“撮って出し”。映画のように時間とお金はかけられず、当然美術費も圧縮される。少ない予算のやりくりに、頭を使う。

 「局によって予算はまちまち。でも、おおむね映画の半分以下。それではまともなセットは組んでられへん。…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです