メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1990年代は、時代劇冬の時代。松竹の京都映画に入った馬場正男だったが、撮影所も様変わり。チャンバラはとうに観客に飽きられたし製作費もかかるから、時代劇映画はほとんど作られなくなっていた。辛うじて、テレビの定番シリーズ時代劇がまだ健在で、京都映画もこちらが主戦場だった。しかしテレビは“撮って出し”。映画のように時間とお金はかけられず、当然美術費も圧縮される。少ない予算のやりくりに、頭を使う。

 「局によって予算はまちまち。でも、おおむね映画の半分以下。それではまともなセットは組んでられへん。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです