メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟原告、44年ぶり両親の墓参り 「恨むべきは国だった」長年の誤解わび、責任追及誓う /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)の下、仙台市で強制不妊手術を受けたとされる東京都の北三郎さん(75歳、活動名)が、44年ぶりに父母が眠る同市の墓を訪れた。今年5月に国を提訴し、4日に発足する「優生手術被害者・家族の会」の共同代表も務める北さんは、ずっとわだかまりを抱いてきた両親に「恨むべき相手は親ではなく国だった」と後悔をにじませた。【遠藤大志】

 晩秋の静かな墓園。線香を墓に供えると、北さんは静かに手を合わせうつむいた。墓参りをしたのは父の一周…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文934文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです