横断歩道

一時停止を 止まるのは7.6%、全国23位 JAF調査、県警名誉挽回図る /山形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 山形では13台に1台しか一時停止をしない--。日本自動車連盟(JAF)山形支部が公表した「信号機のない横断歩道での車の一時停止率」は、県内は47都道府県の平均8・6%を下回る全国23位の7・6%だった。全国の数値も低いが、県警は急きょJAFの調査結果や渡ろうとする人がいるのに「止まらないのは違反」などと記したチラシを作成し道交法違反の防止に向けて、11月下旬に県内各地で配布した。【的野暁】

 JAFは3年前から調査を始め、これまで都道府県ごとの数値を公表しなかったが、傾向が判明し、啓発活動強化につなげようと今年初めて公開した。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文673文字)

あわせて読みたい

ニュース特集