’18県議選

条例の議員提案増加 13~17年度、9本制定 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 先月14日の県議会定例会最終日、累計16本目となる議員提案の政策条例「子どもを虐待から守る条例」が全会一致で可決された。条例は29条から成り、児童虐待防止に向けた県や県民の責務を定め、県には基本計画の策定を求めた。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文739文字)

あわせて読みたい

注目の特集