メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外朝乃山が初優勝 三役未経験58年ぶり
町屋御用水

江戸時代の上水道の遺構 水道管8本が出土 桑名市試掘で初確認 8日午後2時、現地説明会 /三重

 桑名市観光文化課は、同市伝馬町の伝馬公園から、江戸時代に城下町に造られた上水道「町屋御用水」の遺構が見つかり、水道管(土管)が出土したと発表した。古文書や絵図から水路図は判明していたが、発掘調査で実際に遺構として確認されたのは初めて。【松本宣良】

 文献によると、町屋御用水は桑名藩の4代藩主、松平定行が江戸時代初期の1626年に造り始めた。桑名は木曽三川の泥砂が堆積(たいせき)した低地で井戸水の環境が悪いため、近くの員弁川(町屋川)から取水し、城内外に全長約2キロの水道を整備し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  3. 安倍首相、トランプ氏を六本木の炉端焼きで接待へ
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです