メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
漆黒を照らす

/71 ノーベル平和賞ナディアさんの故郷で まだ何も終わっていない /大阪

ノーベル平和賞に選ばれたナディアさんの家。ISが襲撃、破壊した日のままだった=イラク北西部コジョ村で2018年10月、玉村英子さん撮影

 ノーベル賞委員会(ノルウェー)は、今年の平和賞を2人に授与すると発表した。うち一人が、ヤズディ教徒女性のナディア・ムラドさん(25)だ。彼女は過激派組織「イスラム国」(IS)による性暴力を告発する活動を続けてきた。

 ヤズディ教はゾロアスター教などの影響を受け、おもにイラク北部に60万人ほどが暮らしてきた。迫害の歴史を歩んできた少数宗教に再び悲劇が降りかかる。2014年8月、ISはヤズディ教徒が暮らすシンジャル一帯を襲撃。男性住民を殺害したうえ、女性や子どもは「奴隷」とし、IS支配地域に移送した。戦闘員は、女性を強制結婚の名のもとにレイプした。ナディアさんもその一人で脱出後、過酷な体験を自ら告白し、ISの非道さを訴えてきた。

 今年10月、私はシンジャル南西にあるナディアさんの故郷コジョ村に入った。ISが支配していたが、昨年…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1370文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです