メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前原一誠

「萩の乱」志士の史料 所蔵2600点、目録を初作成 晋作との書簡や書画も 松陰神社 /山口

 松陰神社(萩市椿東)は、幕末期に志士として活躍し、明治維新後は「萩の乱」を起こしたとして刑死した前原一誠(1834~76年)の所蔵史料約2600点の目録を作成した。編集を担当した学芸員の樋口尚樹さんは「前原は師の吉田松陰が期待した人物だ。研究に広く活用してほしい」と話している。【遠藤雅彦】

 史料は、市内に住む前原の子孫が2006年5月に寄贈した。前原が同郷の高杉晋作と交わした書簡、日記などの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです