メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南画・末松コレクション展

耕石の掛け軸、一堂に 芦屋 /福岡

 幕末~明治初期にかけ、南画(文人画)家として活躍した芦屋町出身の中西耕石(1807~84年)の掛け軸などを集めた「南画の世界 末松コレクション」がギャラリーあしや(同町中ノ浜)で開かれている。28日まで。

 耕石は京都で写実絵画の四条派を学び、やがて南画に傾倒。当時の第一人者とうたわれ、後に京都府画学校(現京都市立芸大)の教授も務め、福岡県南画壇の育ての親とも評される。南画は江戸時代中期に中国…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです