メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
在日米軍再編

辺野古移設 14日、反対遮り土砂投入 政府・県対立激化

琉球セメント桟橋と本部港

 防衛省は3日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立て予定海域で14日に土砂投入を開始すると県に文書で通知した。これに対し玉城(たまき)デニー知事は「辺野古に反対する民意が繰り返し示される中で違法に土砂投入を行うことは断じて許されない。甚だ遺憾だ」と記者団に表明。辺野古移設の賛否を問う来年2月の県民投票を前に、政府と県の対立が激しくなっている。【木下訓明、遠藤孝康】

 防衛省沖縄防衛局は3日、沖縄本島西海岸にある名護市安和(あわ)の民間会社「琉球セメント」の桟橋で土…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1091文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです