メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

フランス革命で「サン・キュロット」とは…

[PR]

 フランス革命で「サン・キュロット」とは急進派の労働者らをいう。もともとはキュロット(半ズボン)にタイツ姿の貴族層が、仕事着である長ズボンの下層民を「キュロットなし」とあざけった言葉だった▲だが、そう呼ばれた人々は身分制度への抗議を込め、誇らしげに自らを「サン・キュロット」と名乗った。フランス革命は服装の革命でもあったわけである。加えて彼らはフリジア帽という赤い三角帽子を自分たちの連帯の印にした▲ドラクロワの有名な絵「民衆を導く自由の女神」の女神マリアンヌもかぶるこの帽子、古代ローマの解放奴隷の格好に由来する自由のシンボルだ。だが今度は長ズボンや赤い帽子でなく、黄色いベストが抗議運動のシンボルだという▲マクロン政権による燃料税引き上げへの抗議が激しさを増すフランスである。各地で一部が暴徒化して放火や破壊をくり返し、パリでは400人以上が拘束された。大統領は暴徒を非難、対話の姿勢を示しつつも政策変更は否定した▲抗議の広がりも、黄色いベストのシンボル化も、ソーシャルメディアを介した自発的な動きで、運動の中心や指導部はないらしい。燃料費高騰は地方の草の根層の怒りを呼んでおり、左右両翼の急進派もこの反発に乗じているようだ▲イデオロギー対立を超えて都市の支持層を開拓したマクロン政権だが、草の根からの抗議は想定外だったか。民主主義の病理が世界各地で噴き出るこの時代、またまた新パターンを加えた黄色い反乱である。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

    2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

    3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

    4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

    5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです