メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産業革新投資機構

1億円報酬、待った 経産省「OK」のち「不認可」 社長反発、進退に言及

田中正明社長=宮本明登撮影

 経済産業省は3日、同省所管の官民ファンド「産業革新投資機構(JIC)」が申請した予算を不認可にしたと発表した。それぞれ最大で1億円を超える田中正明社長らの役職員報酬が高額すぎると判断したため。ただ、この報酬は元々同省が提示したということもあって機構側は反発を強めており、両者の対立が深まっている。

 JICは旧産業革新機構が改組し9月25日に発足。資本金の95%超を国が出資し、役職員の報酬の一部も国の認可を経て国費から支払われる。

 同省によると、9月21日に糟谷敏秀官房長が田中氏ら4人の代表取締役について年額1550万円の取締役…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです