メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ベルツの苦言=玉木研二

 <ka-ron>

 ベルツ(1849~1913年)はドイツの人。明治の初め、西南戦争の前年に医学のお雇い外国人教師として日本に招かれ、東京大学で教えた。功績は大きい。

 日本人を妻とするなど、日本を深く愛し、文化を理解したが、批判も厳しかった。

 在職25年の祝賀会で述べたあいさつには、今も刺さるような言葉がある。岩波書店「日本近代思想大系14・科学と技術」から要点を引こう。

 それによると、日本人は西洋の科学を「年にこれだけの仕事をする機械」ととらえ、他の場所にもたやすく運…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです