メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

税逃れに網 業者へ照会制度 国税庁

新たに導入予定の情報照会制度のイメージ

 政府・与党は、仮想通貨取引やシェアリングエコノミーなどで得た所得の悪質な課税逃れを防ぐため、新制度を作る方針を固めた。国税当局が取引仲介業者に対し、申告漏れや脱税に関係する取引をした疑いがある利用者の情報を照会できるようにする。2019年度の与党税制改正大綱に盛り込む。【岡大介】

 仮想通貨の取引で得た利益は、所得税法上の雑所得に区分され、サラリーマンの場合は年間20万円超の利益を得た場合は申告する必要がある。仮想通貨は、17~18年の急激な値上がりなどで多額の利益を得た人が続出。国税庁の調査では17年に仮想通貨取引などで1億円以上の所得の申告をしたのは300人以上にのぼった。だが、取引拡大とともに申告漏れなども増えているとみられるため、対策を強化する。

 現在、国税当局は仮想通貨交換業者などに対し、利用者の情報について任意で提供を求めることしかできない…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです