メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生エネ・主力電源への難路

/上 太陽光、非常時生かせず 北電大停電、人と設備に課題

ブラックアウトの引き金となった苫東厚真発電所=北海道厚真町で2018年9月12日、本社機「希望」から梅村直承撮影

 「みんな停電で困っているのに、なんで送電させてもらえないんですか」。北海道地震に伴う大規模停電(ブラックアウト)の発生から2日後の9月8日、太陽光発電所を運営する「CSS」(札幌市)の竹内聖執行役員は思わず声を上げた。北海道電力の担当者は「火力発電所がダウンしているから」と繰り返すばかり。何度も電話して送電許可を求めたが、電気を送れたのは停電発生から1週間以上たった14日の夕方だった。

 CSSが北海道厚真(あつま)町で運営する大規模太陽光発電所(出力1万2000キロワット)は、点検を…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1307文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです