メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中立金利に近づく米国政策金利=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

田中直毅 国際公共政策研究センター理事長

 米国では足元の実体経済動向、中長期見通しに依存する長期金利、そして短期の政策金利の3要因についての判断が交錯し始めた。長期金利の動向はエコノミスト、株式相場動向はストラテジスト、銘柄の値動きはアナリストがそれぞれ知見を競う。こうして新しいストーリーの組み立てが始まる。

 超金融緩和の7年間を経て、政策金利引き上げは2015年の暮れからだった。翌16年は1回、そして17年以降は0・25%のきざみでほぼ四半期ごとの引き上げとなり、2%から2・25%の幅が現状だ。個人消費支出デフレーターの対前年同月比上昇率が2%近傍なので景気の持続力の点検が重点となる。

 住宅価格動向が注目される。景気指標としての適格性が検証されてきたからだ。主要都市圏の住宅価格を示す…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです