メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし ゆるかった九州場所=武藤久

 納めの九州場所は優勝争いこそ盛り上がったが、中身は低調だったのではないか。稀勢の里が途中休場、横綱の土俵入りが見られないうえ、大関陣も力を出せなかった。

 ケガのせいだろうが、珍しく続けて変化してがっかりさせた豪栄道も途中休場。結びの相撲も千秋楽で高安が負けたように、大関対決を除けば番付上位が勝ったのは6番だけ。役力士が土俵に上がる千秋楽恒例の協会あいさつは、魁聖も休場して5人だった。

 低調ぶりは幕内序盤からみえた。左ひざを痛めている荒鷲の戦闘能力の欠如がしらけさせた。テレビ桟敷で観…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1196文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです