メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える 生活者として考えよ 「コンビニ外国人」を執筆・芹澤健介さん(45)

芹澤健介さん=成田有佳撮影

 全国の大手コンビニエンスストアで働く20人に1人は外国人だ。日常で最も身近な外国人労働者である彼らに関心を持ち、100人以上に取材した。

 新人だと最低賃金に近い時給しか受け取れず、日本人に敬遠される仕事を外国人が引き受けている現実がある。

 新設が審議されている在留資格「特定技能」の対象14業種にコンビニは含まれていないが、なぜ入らなかったのだろうか。イートインスペースを設けたコンビニで揚げ物や丼ものを作る姿を見ていると、14業種に入った外食産業との違いは感じない。接客もコンビニのサービス…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです