メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える 生活者として考えよ 「コンビニ外国人」を執筆・芹澤健介さん(45)

芹澤健介さん=成田有佳撮影

 全国の大手コンビニエンスストアで働く20人に1人は外国人だ。日常で最も身近な外国人労働者である彼らに関心を持ち、100人以上に取材した。

 新人だと最低賃金に近い時給しか受け取れず、日本人に敬遠される仕事を外国人が引き受けている現実がある。

 新設が審議されている在留資格「特定技能」の対象14業種にコンビニは含まれていないが、なぜ入らなかったのだろうか。イートインスペースを設けたコンビニで揚げ物や丼ものを作る姿を見ていると、14業種に入った外食産業との違いは感じない。接客もコンビニのサービス…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです