メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

昭和の戦争を語る/2 首謀者を重用 謀略の連鎖=広岩近広

 日本が租借名目で中国・遼東半島の占領を続けていたとき、大連はシベリア鉄道を経由するヨーロッパへの拠点ルートとして知られた。欧州の文物が、日本の「支配圏内」に一番早く届いたのが大連だった。

     ※  ※

 --当時の大連は、あか抜けしたヨーロッパ風の街並みでした。日本人が多く、小学校から中学や専門学校もあり、また物価は安かった。大家族が住んだ私(岩井忠熊さん)の家も相当に広く、各部屋にラジエーターの付いた温水暖房施設があったほどです。

 そんな私の家に、元憲兵大尉の甘粕正彦が訪ねてきたのは1927(昭和2)年です。甘粕は関東大震災に乗…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1166文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです