連載

たしなみの文化考

文化人、識者らの趣味・嗜好(しこう)を紹介しながら本業との相関や豊かな生き方を探ります。

連載一覧

たしなみの文化考

/19 作家・難波利三さんの陶芸 手作りゆえの「確かさ」を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「土をいろうている時は童心に帰る」と語りロクロを回す作家の難波利三さん=大阪市平野区で、大西達也撮影
「土をいろうている時は童心に帰る」と語りロクロを回す作家の難波利三さん=大阪市平野区で、大西達也撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

公立施設、館長から生徒に 妻のガラス細工と二人展も

 大阪の街のにおいや色、うごめく庶民の暮らしを小説にしてきた作家、難波利三さん(82)が陶芸にいそしむようになって十余年。「土をいろうて(こねて)る時の手触りがたまらない。今も童心に帰るのだから不思議なもんです」

 街の木々もすっかり色づいた先月下旬、大阪市平野区にある文化施設「大阪市立クラフトパーク」に、トレードマークである黒のベレー帽をかぶった難波さんが現れた。あいさつもそこそこに2階の「陶芸工房」(約240平方メートル)へ向かった。

 広い工房ではこの日、生徒15人が思い思いに手を動かしていた。難波さんは、陶芸工房指導員の北浜稚佳子さんや教室の仲間と笑顔を交わす。青いエプロンを着け、粘土500グラムを購入。「茶器やつぼの類いが好きですが、この分量は茶器一つ作るのにちょうどいい」。そういいながら土をこね始めた。

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1842文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集