メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/19 作家・難波利三さんの陶芸 手作りゆえの「確かさ」を

「土をいろうている時は童心に帰る」と語りロクロを回す作家の難波利三さん=大阪市平野区で、大西達也撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

公立施設、館長から生徒に 妻のガラス細工と二人展も

 大阪の街のにおいや色、うごめく庶民の暮らしを小説にしてきた作家、難波利三さん(82)が陶芸にいそしむようになって十余年。「土をいろうて(こねて)る時の手触りがたまらない。今も童心に帰るのだから不思議なもんです」

 街の木々もすっかり色づいた先月下旬、大阪市平野区にある文化施設「大阪市立クラフトパーク」に、トレードマークである黒のベレー帽をかぶった難波さんが現れた。あいさつもそこそこに2階の「陶芸工房」(約240平方メートル)へ向かった。

 広い工房ではこの日、生徒15人が思い思いに手を動かしていた。難波さんは、陶芸工房指導員の北浜稚佳子…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです