メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

序章 消えぬ祖国・東独/1(その1) 崩壊経て続く混迷

 「止まれ! 撃つぞ!」--。1988年5月4日夜、「ベルリンの壁」を乗り越えたトルステン・ペーターさん(54)の背後でそんな叫び声が響いた。壁は2枚あり、安心はできない。壁と壁に挟まれた中間地帯は、人呼んで「死の領域」。壁越えを目指した多くの人が、ここで銃撃され命を落とした。約100メートルの砂地を息せき切って駆け抜け、2枚目の壁に挑んだ。

 一緒に1枚目の壁を越えた仲間2人の姿は見えない。思い切って壁に飛び移り、暗闇に滑り落ちた。自由と民…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1053文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです