メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

序章 消えぬ祖国・東独/1(その1) 崩壊経て続く混迷

 「止まれ! 撃つぞ!」--。1988年5月4日夜、「ベルリンの壁」を乗り越えたトルステン・ペーターさん(54)の背後でそんな叫び声が響いた。壁は2枚あり、安心はできない。壁と壁に挟まれた中間地帯は、人呼んで「死の領域」。壁越えを目指した多くの人が、ここで銃撃され命を落とした。約100メートルの砂地を息せき切って駆け抜け、2枚目の壁に挑んだ。

 一緒に1枚目の壁を越えた仲間2人の姿は見えない。思い切って壁に飛び移り、暗闇に滑り落ちた。自由と民…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  2. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
  5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです