メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

ファッショニスタ感涙の洗濯機でた! アクア最新のタテ型は「首周りの仕上がり」が違う(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

少し高かったけれど、気に入って買った洋服は大切に長く着続けたいもの。でも何度か洗濯するうちに徐々に生地が傷み、色褪せたり、襟元や袖が伸びたりして、悲しい思いをした方も多いのではないでしょうか。そんな悩みに応えるべく、アクアから、布傷みを抑えながら汚れをしっかり落とすタテ型洗濯乾燥機「GTW」シリーズです。「AQUA-GTW100G」(実売価格13万8030円)、「AQUA-GTW90G」(実売価格12万7230円)が登場しました。

↑中身が見えるガラストップが特徴のアクアのタテ型洗濯乾燥機「GTW」シリーズ。サニタリー空間になじむシンプルなデザインです

 

AQUA GTW100G

実売価格13万8030円

 

AQUA GTW90G

実売価格12万7230円

 

「洗浄力」と「衣類の品質保持」を両立し、上質な衣類を守るシリーズを開発

アクアといえば、かつての日本の大手メーカー、三洋電機の技術を受け継ぐ会社。特に洗濯機については、旧三洋時代から数えて1000万台を超える実績を持ち、コインランドリー業界でもトップシェアを占めるなど、”洗いのプロ”を自認しています。そんなアクアが今回着目したのは、近年の社会背景の変化に伴うファッションの変化でした。

 

「近年、ビジネスファッションは多様化し、男女ともにスマートカジュアルが浸透してきています。ただカジュアルといっても、ビジネスシーンにおいてはファストファッションではなく、長く着続けられる上質なファッションが主流になっている」(アクアジャパン代表・吉田庸樹氏)

↑アクアジャパン代表・吉田庸樹氏

 

そんな上質な衣類を長く着続けるために欠かせないのが、衣類ケア。洗濯機の購入時に重視する機能・製品特長のアンケートにおいても、「洗浄力」(3位)はもちろんのこと、7位に「仕上がり」(生地が傷まない、シワになりにくい)がラインクインしています。しかし洗濯機は一般的に、洗浄力が高い「標準洗い」コースは衣類が傷みやすく、衣類にやさしい「おしゃれ着洗い」コースは洗浄力が低くなる傾向にありました。

 

そこでアクアは、”やさしくキレイに、衣類のアンチエイジング”をコンセプトに、「洗浄力」と「衣類の品質保持」を両立したGTWシリーズを開発したというわけです。

↑「洗濯機購入時に重視する機能・製品特長TOP10」。省エネ、大きさ・容量、洗浄力……と続くなか、仕上がりの良さも求められていることがわかります

 

布傷みを抑えつつ、しっかり洗浄する新洗浄方式を搭載

↑新洗浄方式「NEWシンクロ洗浄」では、「高濃度クリーン浸透」「W反転水流」「スパイラルシャワー」という3工程で洗い上げます

 

布傷みを抑えつつ、汚れをしっかり落とすためにアクアが開発したのは、新洗浄方式「NEWシンクロ洗浄」です。主に3つの工程が新たに搭載されました。1つ目がパルセーター(洗濯槽下の回転羽根)を低水位の時点から回転させて高濃度の洗剤液をつくる「高濃度クリーン浸透」機能。衣類全体に洗剤液を素早く浸透させ、繊維の奥の汚れを落とします。2つ目は、パルセーターと同時に洗濯層を逆回転させることで2つの水流を起こす「W反転水流」機能。洗いムラを抑え、洗浄力を高める衣類の入れ替わりを促し、洗いムラを抑えながら汚れをしっかり落とします。

 

【動画】

そして3つ目が、遠心力を利用した「スパイラルシャワー」。洗い工程の最後に、洗濯槽の遠心力で衣類の汚れを飛ばし、上からシャワーをふりそそぐことで、洗剤液を繊維の奥まで通過させる効果があります。このすごい勢いの水流は、洗濯槽の水が遠心力で飛ばされているもの。「スパイラルシャワー」は、すすぎ工程でも利用されています。

 

【動画】

さらに、布傷みを抑えるために、パルセーターとドラムを改良。角度の違うアシンメトリーな2つの羽を搭載した「NEWツインパルセーター」は、メリハリのある水流を起こして衣類をやさしくキレイに洗い、ドラム表面の凹凸に丸みをつけた「NEWスクラブドラム」は脱水用穴を従来より小さくすることで、もみ洗いしつつ、衣類の布傷みを抑えます。

↑羽の手前と奥側の傾斜を変えることでメリハリある水流を起こす「NEWツインパルセーター」(写真下)と、やさしくもみ洗いする「NEWスクラブドラム」を搭載し、洗浄力とやさしさを実現

 

実際に洗ったものを見ると、伸びも少なく新品に近い状態に

では実際、どれほど”衣類のアンチエイジング”ができているのでしょうか。会場には、同じ衣類を従来モデル(AQW-VZ10B)の「標準」コースで30回洗濯したもの、新モデル(AQW-GTW100G)の「やさしく」コースで30回洗ったもの、そして新品が展示されていましが、明らかに違いが見られたのが、首周り。従来モデルは首回りが伸びて、くたっとなっていましたが、新モデルは伸びも少なく、新品に違い状態でした。

↑写真ではわかりづらいですが、GTWシリーズで洗ったもの(中)は、前モデルの標準コースで洗ったもの(右)に比べると、首まわりのクタリ感に加え、色褪せ度合い、リブの太さに違いがありました

 

透明な上ぶたや糸くずキャッチ機能など、便利な機能も満載

使い勝手を高める機能も多数搭載しました。乾燥工程では、先述の「NEWツインパルセーター」が衣類をふわっと浮かせるため、衣類の入れ替わりを促すため、ふんわりした仕上がりに(ツインパルクイック乾燥)。加えて、洗濯乾燥時間も従来の4分の3となる179分に、消費電力量も3分の2の1595Wと、時短、省エネを実現しました。

↑乾燥機能が向上したことで、洗濯乾燥時間も短縮に。天日干しに比べ、ふんわり仕上げてくれます

 

透明な上ぶたは、一枚ガラスのワイドトップ強化ガラスを採用(ワイドガラストップ)。凸凹が少ないため、さっと拭くだけでお手入れでき、何より洗濯中の様子が見えて清潔感や安心感が味わえます。また操作パネルを奥に配置したことで、開口部が手前側に広がり、毛布などの大物の出し入れもラクになりました。

↑上ぶたはもちろん、内ぶたも透明なので、洗濯中の様子がよく見えます。アクアでは以前から透明なふたを採用しており、「中の様子が見えると気持ちいい」「安心」と好評だそう

 

そのほか、黄ばみの原因となる皮脂汚れを落とす「温め洗浄コース」、大切な衣類をやさしく洗い上げる「やさしくコース」、衣類の素材や天候に合わせて仕上げる「脱水仕上がり」、型崩れせず便利な「静止乾燥コース」、糸くずをしっかりキャッチして衣類をキレイにする「W衣類おそうじ」機能を搭載しています。

↑「W衣類おそうじ」機能では、2つのカセット式フィルターで洗濯中に出てきた糸くずやティッシュをしっかりキャッチ。ティッシュ捕獲テストでも、従来モデルに比べ、捕獲率がアップしたことが分かります

 

このように新しいGTWシリーズは、「お気に入りの洋服はおしゃれ着コースで洗っていたけど、汚れ落ちに不満があった」という人にうれしい機能を搭載。おなじみのタテ型だから設置しやすく、価格も12~13万円台とお手ごろです。ビジネスカジュアルウェアを安心して洗いたい共働き家庭や、汚れものが多いファミリー世帯にオススメですね。

 

協力:楽天市場

【関連記事】
相変わらず「価格力」高え…アイリスオーヤマ初の温水洗浄付き「ドラム式洗濯機」を発売
パナの不思議な体験会…なぜか洋館でテレビと足マッサージャーの進化を楽しむ
これは本気だしたな! 空気清浄機の世界企業ブルーエア「特異なニッポン」に向け、普及価格モデル投入
この提案、あなたは拒否できる? スマホで予約をすすめるAIエアコン「ノクリア」Xシリーズ発売
外回りのついでにシェーバー体験はいかが? 東京駅で最新「ラムダッシュ」無料イベント開催中

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです