メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住宅ローン減税、3年延長で調整 「すまい給付金」拡充も 消費税増税対策

 政府・与党は、来年10月の消費税増税に伴う対策として、住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から13年に延長する調整に入った。延長する3年間は、建物価格の2%分を3年かけて所得税などから差し引く仕組みも導入する。消費税増税で住宅販売の落ち込みが懸念されており、政府は、減税期間の延長に加え一定の収入以下の人に住宅の購入費用を補助する「すまい給付金」の拡充なども実施し、市場下支えを図る方針だ。

 住宅ローン減税は、10年間、ローン残高の1%を所得税などから差し引く制度。一般住宅の場合は最大計400万円(特定の住宅は500万円)を差し引くことができる。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです