メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中協議 期限は2月末 責任者に強硬派のUSTR代表、中国に譲歩迫る狙いか

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】貿易戦争の「一時休戦」で合意した米中が設置する新たな通商協議の概要が見えてきた。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は3日、通商協議の期限を来年2月末までの90日間と明かしたうえで米国側の責任者に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が就くと説明した。

 対中強硬派として知られるライトハイザー氏が交渉の前面に出ることで、中国に譲歩を迫る狙いがあると見られる。中国は来年3月に全国人民代表大会(全人代=国会)を控えており、重要な政治日程を見据えて厳しい対応を迫られそうだ。

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日の首脳会談で、米国が来年1月1日に予定していた制裁関税…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです