メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オシリス・レックス「ベンヌ」到着 米国初の物質採取に挑戦 はやぶさ2と連携

小惑星探査機オシリス・レックスが高度約80キロの距離から撮影した小惑星ベンヌ。表面に黒く見える斑点のような場所がある=NASA、アリゾナ大など提供

 米航空宇宙局(NASA)の小惑星探査機「オシリス・レックス」が4日午前2時ごろ(日本時間)、地球と火星の間にある小惑星「ベンヌ」に到着した。オシリス・レックスは日本の小惑星探査機「はやぶさ2」と連携して探査を進めることになっており、オシリス・レックスの成果は、はやぶさ2とともに太陽系の起源に迫る貴重なデータになる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです