童謡「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」 作曲家の大中恩さん死去 94歳

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
死去した作曲家の大中恩さん 拡大
死去した作曲家の大中恩さん

 童謡「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」などで知られる作曲家の大中恩(おおなか・めぐみ)さんが3日、菌血症のため死去した。94歳。葬儀は8日、東京都港区赤坂1の14の3の日本キリスト教団霊南坂教会で開く予定。

 父は作曲家の故大中寅二さん。東京音楽学校(現東京芸術大)入学後に学徒出陣した。終戦後に復学して卒業してから、合唱曲や童謡など声楽曲を中心に作曲した。いとこの小説家で詩人の故阪田寛夫さんの作詞で、「サッちゃん」や「おなかのへるうた」などを手がけた。

 1982年に日本童謡大賞を受賞。89年紫綬褒章。

あわせて読みたい

ニュース特集