メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死体遺棄事件の被告宅から被害者以外の人骨 滋賀・草津

 滋賀県草津市で今年8月、同市の中川直さん(当時69歳)の切断された遺体が見つかった事件で、死体遺棄罪などで起訴された飲食店経営、杠共芳(ゆずりは・ともよし)被告(68)=同県守山市=の自宅兼店舗から、中川さんとは別の人物の骨のかけらが見つかっていたことが4日、捜査関係者への取材で明らかになった。県警は身元の特定を進めるとともに、事件性の有無を調べている。

     捜査関係者などによると、骨片は数ミリ~数センチ程度で、今年9月に杠被告の自宅兼店舗を家宅捜索中、排水溝の中から見つかった。死後数年が経過しているとみられ、DNA型鑑定で中川さんのものではないことが分かったという。

     一方、草津市に近い同県近江八幡市などの琵琶湖岸では2008年、同県野洲市の職業不詳、川本秀行さん(当時39歳)が遺体で見つかっている。捜査関係者や杠被告の知人によると、杠被告と川本さんは同じ建設現場で働き、一時は同県栗東市内のマンションで共同生活をするなど交友があったが、骨片は川本さんのものでもないという。

     杠被告は今年8月6~9日ごろ、中川さんの遺体を切断し、草津市内の排水路などに遺棄したとして、死体損壊と死体遺棄の罪で起訴された。杠被告は否認しているという。【小西雄介、諸隈美紗稀】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
    2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
    3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
    4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです