メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もう一度、世界の舞台に立つボクサーに」村田諒太が現役続行表明

村田諒太さん=東京都新宿区で2017年9月21日、根岸基弘撮影

[PR]

 プロボクシングの前世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者で、2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(32)=帝拳ジム=が4日、東京都内の同ジムで記者会見し、「もう一度、世界の舞台に立てるボクサーになりたい」と現役続行を表明した。 

 村田は10月に米ラスベガスで行われた2度目の防衛戦で、ロブ・ブラント(米国)に0―3の判定で敗れ、WBAミドル級王座から陥落した。プロでの戦績はここまで16戦14勝(11KO)2敗。【飯山太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです