村田諒太「あの試合でボクシング終わりたくない」 現役続行一問一答

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見するボクシング元WBA世界ミドル級王者の村田諒太=東京都新宿区の帝拳ジムで2018年12月4日午後0時59分、宮間俊樹撮影
記者会見するボクシング元WBA世界ミドル級王者の村田諒太=東京都新宿区の帝拳ジムで2018年12月4日午後0時59分、宮間俊樹撮影

 現役続行を決めた村田諒太の会見での主な一問一答は次の通り。【真下信幸】

 ――決断の決め手は。

 ◆この前の試合(ブラント戦)を振り返って良いところがなかった。自分が人生を振り返った時に、あの試合が、あのボクシングが、自分の集大成で良いのだろうかと考えると、やはりあの試合で自分のボクシングを終えたくない。

 試合に向けたハングリーさや求めるものが欠如していたという気がする。気持ちをしっかり作り直して、もう一度世界の舞台に立てるようなボクサーになりたい。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1089文字)

あわせて読みたい

ニュース特集