メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『カモメの日の読書』『針と糸』

◆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』小津夜景・著(東京四季出版/税別2000円)

◆『針と糸』小川糸・著(毎日新聞出版/税別1400円)

 朝、カーテンを開けたら雲ひとつない見事な快晴! この瞬間、今日の私の計画は決まった。掃除洗濯朝ごはんをぱぱぱっと済ませ、電車に飛び乗った。目指すは高尾山。最寄りの駅から特急で50分もかからない。いざ到着してみると、紅葉のシーズンも相まってか、リフトもケーブルカー乗り場も凄(すご)い列。乗れるまで50分!? 私の計画に上りを歩く予定はまったくなかったので、蕎麦(そば)でも食べて帰るか、と一瞬思ったけれど、待てよ、せっかく来たのだから森林浴だけでも、登れるところまで登って下りてこよう、と登山口から「ルート1」を歩き始めた。

 こんな思いつきの休日は最高に楽しい。自由で、冒険的で、ロマンがあって。今回の2冊を読んだら、無性にこんな休日を過ごしたくなったのだった。

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  2. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  3. 「びっくりした」 おぎやはぎの小木さんが初期の腎細胞がんで一時休養を発表

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです