メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『ノマド』『天国と、とてつもない暇』ほか

今週の新刊

◆『ノマド』ジェシカ・ブルーダー/著(春秋社/税別2400円)

 ジェシカ・ブルーダー『ノマド』(鈴木素子訳)には驚いた。ノマドとは普通「流浪の民」を意味するが、本書では「漂流する高齢労働者たち」(副題)のこと。現代アメリカ社会の一断面である。

 リタイア後にキャンピングカーに乗って移動する老人、あるいは夫婦。憧れの年金生活を優雅に満喫、と思ったら大違い。2008年の金融崩壊(リーマン・ショック)後、積みあげたキャリアも貯金も失い、住居を捨て、働きながら旅の空で生きる。著者はそんな人たちを取材した。

 彼らはガソリン代と生活費を稼ぐため、短期の雇用を求めて全米を走る季節労働者なのだ。最大の受け入れ口…

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1782文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです