メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『全国もなかぼん』オガワカオリ・著

「最中種」の形によってジャンル分けがあるとは

◆『全国もなかぼん』オガワカオリ・著(書肆侃侃房/税別1600円)

 車の免許もないのに、ふと「SUBARU」発祥の地を訪ねてみたのは秋口。東武伊勢崎線太田駅北口からすぐのところで、その、群馬製作所本工場正門向かいの和菓子屋「伊勢屋」では自動車をモチーフにしたお菓子をつくっている。私は瓦せんべいを買って帰ったが、ショーケースに並べられていた車のかたちの最中(もなか)にも後ろ髪を引かれていた。『全国もなかぼん』をめくってみると、あった、その姿が。そして、愛知は豊田市にも車をかたどった最中はやはりあると分かる。クラウン、センチュリーなど車種もいろいろ。また別の土地には、バルブ、サイレンサーなどの最中もあり、工業系菓子というジャンルはたしかに存在する。

 『全国もなかぼん』には、250種類の最中が収録されている。もちろん、日本全国にはもっとたくさん最中…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです