メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

NY市場 ダウ、799ドル下落 貿易摩擦懸念、再燃 下げ幅4番目

 【ワシントン中井正裕】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易戦争や米国経済の先行きへの不安が広がり、前日比799・36ドル安の2万5027・07ドルで取引を終えた。1日の下げ幅としては過去4番目の大きさだった。トランプ米大統領が、米中協議が不調となった場合の対中制裁強化を示唆したことで貿易摩擦の悪化懸念が再燃。米国の金利動向から、景気減速への懸念が高まったことも下押し要因となった。

 ダウ平均の下げ幅は一時818ドルに達した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は283・08ポイント…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです