メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

文化プログラム 全ての人の「祭典」に 音で花火、振動で和太鼓

聴覚障害者向けのヘアピン型の機器。髪の毛につけると振動が伝わってくる=主催者提供

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて国内各地で実施する文化プログラムを視野に、障害者の参加をサポートする取り組みが進んでいる。10月には花火、11月には和太鼓の公演を特殊な機器やアプリを通じて体験してもらう試行イベントが開かれた。東京大会を契機に、競技観戦だけではなく文化の祭典でもバリアフリー化の促進が期待される。

 毎年夏に開催される「全国花火競技大会」(大曲の花火)で知られる秋田県大仙市では、10月に障害者も楽…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです