メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

時代の心、伝える言葉=片山由美子

寸分の隙間うかがふ隙間風 富安風生

埋火の一語大事に育てけり 西嶋あさ子

 先日、中学校で俳句の特別授業をする機会があった。毎週、句会形式で授業を進めているという3年生のクラスである。

 まず、それぞれが提出した無記名の作品を選び合うのだが、その日もっとも多くの点数を得た句を見ていささか驚いた。点を入れた人に意見を聞いたところ、全員「足をくすぐる隙間(すきま)風」という部分に共感したというのである。

 そこで、「隙間風」とはどんな風なのかを尋ねたところ、気持ちのよい風だと思っているようだった。「足を…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです