メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
ナビゲート

ゲノム編集と安全保障=古川勝久(安全保障問題専門家)

 中国の研究者がゲノム編集技術を用いてヒトの受精卵の遺伝子を改変し、エイズウイルスに感染しないよう遺伝情報を書き換えた赤ちゃんが誕生したと発表して大問題となった。大学も病院も研究者の活動を把握していなかったという。もし事実ならば、研究者は深刻な問題のある活動をどの監督者にも悟られずに進めていたことになる。

 これは生命科学の安全・倫理面での問題にとどまらず、安全保障面でも重大な懸念を想起させる。実は、研究者が生命科学研究の成果を密(ひそ)かに悪用・誤用するリスクは、生物兵器禁止条約の締約国会合でも2000年代から真剣に議論されてきた。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです