メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

ゲノム編集と安全保障=古川勝久(安全保障問題専門家)

 中国の研究者がゲノム編集技術を用いてヒトの受精卵の遺伝子を改変し、エイズウイルスに感染しないよう遺伝情報を書き換えた赤ちゃんが誕生したと発表して大問題となった。大学も病院も研究者の活動を把握していなかったという。もし事実ならば、研究者は深刻な問題のある活動をどの監督者にも悟られずに進めていたことになる。

 これは生命科学の安全・倫理面での問題にとどまらず、安全保障面でも重大な懸念を想起させる。実は、研究…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです