特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

ライバル愛媛ミカン支援 和歌山の農家「規格外」買い取り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛媛のミカン農家支援に取り組む樫原正都さん(右)と井上信太郎さん=和歌山県湯浅町で、樫原さん提供
愛媛のミカン農家支援に取り組む樫原正都さん(右)と井上信太郎さん=和歌山県湯浅町で、樫原さん提供

 7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた愛媛県宇和島市のミカン農家を支援しようと、和歌山県のミカン農家が、ネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。安値でしか取引されない規格外のミカンを「応援価格」で買い取って農家を支える。和歌山県のミカン農家も9月の台風21号で被害を受けたが、同じ全国有数の産地として「友情応援」を決めた。【木原真希】

 愛媛県などによると、宇和島市の農作物被害は11月時点で28億4200万円に上り、その多くがミカンだという。今年は豊作が期待できる「表年」だったが、豪雨の影響で病害虫が発生。農道が崩れて摘果作業も遅れたため、規格外品が増え、収入減への懸念が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文854文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集