メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

熊本の田中憲一さん遺作 町の宝、被災絵画を救え 広がる修復支援、公開展も

 熊本地震で倒壊した熊本県御船(みふね)町滝川の洋画家、故・田中憲一さんのアトリエの下敷きになって損傷した作品群の修復が、多くの人たちの善意で進められている。既に100号以上の大作18点が作業を終えており、来秋にはそれらの展示と修復実演を組み合わせた公開修復展も計画されている。【福岡賢正】

 田中さんは1926年、御船町生まれ。中学や高校で美術教師をしながら制作した大作を、94年に亡くなるまで独立展などに発表し続け、大型木造船の朽ちゆく姿を描いた「廃船」シリーズなどで知られた。

 熊本地震では倒壊したアトリエに遺作が多数埋もれていたため、地元の陶芸家、渡辺ヒデカズさん(65)が…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです