メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災時「すぐ避難」2割 住民アンケ通し「地域の助け合い必要」 気仙沼・階上中 /宮城

 東日本大震災で大きな被害を受けた気仙沼市階上地区で、同市立階上中の生徒たちが、住民を対象に当時の避難行動や防災意識についてアンケートを実施した。地震発生後すぐに避難したとの回答は2割にとどまり、家庭では日ごろの備えが不十分だったことも浮き彫りになった。生徒たちは「過信や情報不足があった」と分析し、地域のつながりを重視した防災対策の必要性を訴えている。【新井敦】

 階上中は震災前の2005年度から防災学習に取り組んできた。震災後は地域との連携を活動のテーマに掲げ…

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1572文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです