メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食

市内産米、提供始まる 南相馬の小中・幼稚園 震災後初 /福島

 南相馬市立の小中学校、幼稚園計26校の学校給食で4日、新米への切り替えに伴い、市内産米の提供が始まった。同市の学校給食に市内産米が使われるのは東日本大震災と福島第1原発事故後初めて。甘みの強い新米に、口にした子どもたちも笑顔を浮かべていた。

 同市教委は昨年11月、給食で市内産米を使用することを決定。全袋検査で安全性が確認され…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです