メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活動

高崎の指導員、国補助金対象外か 「独自路線」市教委、人件費を全額予算化 /群馬

 中学校の部活動を巡り、休養日の基準を示した国の指針を考慮せず「独自路線」を取っている高崎市教委に、国の「部活動指導員」の補助金が支給されない可能性が浮上している。支給には「部活動の適正化が前提」(文部科学省)のため、休養日などを設定していない高崎市教委は対象外になる恐れがある。【鈴木敦子】

 部活動指導員は、教員の多忙が問題になる中、顧問の教員の負担を軽減するため17年度に新設された。教員の代わりに顧問になることができ、試合への引率もできる。

 導入を促進するため国は今年度から人件費の3分の1を補助する制度を始めた。残りを県、市町村が3分の1…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1261文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです