メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校自慢

県立長狭高校(鴨川市) 地の利で医療・福祉コース /千葉

 1922(大正11)年に当時の鴨川町など周辺11町村による組合立の旧制中学として産声を上げた。開校資金を募る中で、江戸時代から伝わる嶺岡牧場を売却するなど、教育にかける地元民の強い思いを伝えるエピソードもある。28年に県立に移管した。

 4年後に創立100年を迎える伝統校で、隣の館山市にある県立安房高と並ぶ地域有数の進学校だが、2014年から従来の普通科に加え「医療・福祉コース」を設置し、新たな特色を打ち出した。同じ鴨川市内に国内有数の私立医療機関、亀田総合病院や、6年前に開校した亀田医療大学があり、「地の利」を生かした形だ。

 現在の3年生で「医療コース」に在籍する42人が8月6、7両日、亀田総合病院で看護師や歯科衛生士、理…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  5. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです