メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生態園をつくろう

チョウの庭、校内に整備 対象校選出の白鷺小中 /兵庫

ジャコウアゲハの幼虫のエサとなるウマノスズクサの苗を植える児童ら=兵庫県姫路市本町の市立白鷺小中学校で、幸長由子撮影

 毎日新聞社と国際花と緑の博覧会記念協会は、学校に生物を呼び込む環境「生態園」(ビオトープ)づくりの対象校に姫路市立白鷺小中学校など近畿の3校を選んだ。独自のアイデアに基づき今年度中に整備を進め、観察などを通じて、自然と生き物の関連性や「いのち」を理解する一助にしてもらう。

 姫路城近くの「中曲輪(なかくるわ)」に位置する白鷺小中学校は「中曲輪バタフライガーデン」と銘打ち、市蝶「ジャコウアゲハ」が飛び交う空間作りを計画。授業でジャコウアゲハについて調べた3年生約90人が4日…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです