メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

貝ボタン製造「トモイ」(川西町) 国内唯一の法人メーカー 6万種、根気で年4000万個 /奈良

トモイのカタログ。左手前は最高級品に使う白蝶貝、奥の巻き貝は高瀬貝=奈良県川西町唐院のトモイで、大川泰弘撮影

 高級シャツをさりげなく演出する貝ボタン。虹色の光沢が合成樹脂とは別次元の雰囲気を醸し出す。産地はイタリア、中国、そして日本に限られ、国産は川西町がほぼ独占。農家の副業として広まり、個人事業者が多い。国内で唯一、法人化したトモイ(川西町唐院)を訪ねてみた。【大川泰弘】

 実物のボタンを一面に貼り付けたカタログを見せてもらって多様なデザインに驚いた。梅の花が咲くもの、V字の溝が放射状に広がるもの、名前通りのキャッツアイ、金メッキの縁があるもの……。厚さ、大きさも種類が多く、トモイの定番商品は6万種類に上る。特注にも応じる。卸価格は5~500円と幅が広い。合成樹脂は1、2円だ。年に4000万個を出荷している。

 ボタンにする貝は南洋の高瀬貝や白蝶(しろちょう)貝、黒蝶貝など。白蝶貝と黒蝶貝は真珠がとれる。貝は…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1256文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです