メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代出雲人

ルーツに迫る 出土人骨から試料採取 「ふるさと会」DNA解析へ /島根

小浜洞窟遺跡から出土した人骨から試料を採取する神沢秀明研究員(左)=松江市の県埋蔵文化財調査センターで、山田英之撮影

 古代出雲人のDNAを解析してルーツに迫るため、関東に住む出雲市出身者らでつくる「東京いずもふるさと会」(事務局・東京都港区)は4日、県埋蔵文化財調査センター(松江市打出町)で、県内の遺跡から出土した人骨から試料となる歯を採取した。今後、DNAを抽出して解析する。【山田英之】

 「ふるさと会」の岡垣克則会長らに、国立遺伝学研究所の斎藤成也教授、国立科学博物館の神沢秀明研究員も同行した。歯を採取したのは県埋蔵文化財調査センターが所蔵…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです