メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一華会展

「線の輝き、響き感じて」 30回記念展が開幕 福山 /広島

作品解説する一華会の山田翠香副会長=広島県福山市のふくやま美術館で、藤田祐子撮影

 毎日書道会常任顧問、大楽華雪さん(87)主宰の「一華会」による現代の書の総合展「第30回記念一華会展」(毎日新聞社、福山市教委、全日本書道連盟、奎星会など後援)が4日、福山市西町2のふくやま美術館で開幕した。

 赤澤恵雪副会長(70)が「伝統を重んじ未来を模索した30年の集大成。線の輝き、響きを感じてほ…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 衆院予算委員長「閣僚から不穏当な発言」と注意 茂木経済再生担当相やじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです