メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

固定資産税過徴収

下関市と西中国信金和解へ 838万円支払いで /山口

 下関市が西中国信用金庫(本店・下関市)から固定資産税などを過徴収していた問題で、市は838万円を信金側に支払うことで和解する案を開会中の市議会12月定例会に提出している。4日の総務委員会で可決され、18日の最終本会議で認められる見通しとなった。今後、地裁下関支部で和解協議が進められる。

 市資産税課などによると、市は、信金所有…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文387文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです